雨の日が続きますね~

c0219162_15115595.jpg


           久しぶりの“ハイジの白いパン”を焼いてみました
           130℃で焼成すると 白くは仕上がりましたが
           シワがよってしまいました

           パンの好みも人それぞれ~~だけれど
           “パパはいつもの茶色のパンの方が好きやで・・”             
           とは 孫の言葉!!  少し凹んだ私でした008.gif

c0219162_15124333.jpg


        隣町にある “おそば屋さん” 大きな水車がゆっくりと回っている
        長閑な五月の昼下がり・・・お店の中はとても賑わっていました


           心に沁みいる詩

           夢を見た クリスマスの夜
           浜辺を歩いていた 主とならんで
           砂の上に二人の足が 二人の足跡を残していった
           私のそれと 主のそれと

           ふと思った 夢のなかでのことだ
           この一足一足は 私の生涯の一日一日を示していると

           立ち止まって後ろを振り返った
           足跡はずっと遠く見えなくなるところまで続いている

           ところが 一つのことに気づいた
           ところどころ 二人の足跡でなく
           一人の足跡しかないのに

           私の生涯が走馬燈のように思い出された

           なんという驚き 一人の足跡しかないところは
           生涯でいちばん暗かった日とぴったり合う

           苦悶の日
           悪を望んだ日
           利己主義の日
           試練の日
           やりきれない日
           自分にやりきれなくなった日

           そこで 主のほうに向き直って
           あえて文句を言った

           あなたは 日々私達と共にいると約束されたではありませんか
           なぜ約束を守ってくださらなかったのか
           どうして 人生の危機にあった私を一人で放っておかれたのか
           まさにあなたの存在が必要だった時に

           ところが 主は私に答えて言われた

           友よ 砂の上に一人の足跡しか見えない日
           それは私がきみをおぶって歩いた日なのだよ



           
  アデマール・デ・パロス というブラジルの詩人
                    神 われらと共に”  より

                
                      

           
c0219162_16314961.jpg

by poppyseed_a | 2011-05-12 16:33